注目キーワード
  1. 投資
  2. 月次報告
  3. 一級建築士

全ての建築士は独立すべし

どうも、大学で建築を学びながら株式投資により資産運用をしているチャパティです。

今回の記事ではすべての建築士は独立すべしだという僕の持論とその効果について考えていきます。

建築業界はブラック

まず初めに建築業界は言わずと知れたブラック企業です。残業が多く国家資格を持っているのにかかわらず年収は普通のサラリーマンより少し多いくらいです。

また金融業界や商社に勤める文系の人より給料が低いことも気になります。

我々建築士は大変な勉強をして、建築士になったにもかかわらず給料が低いのです。

医者は命を守る仕事ですが、建築士も命を守る仕事です。建築士により命を奪うこともできます。

これはつまり人の命に対して責任を持つ仕事であるとも言い換えることができます。

また一建築を設計し終えても次から次に新しい建築物の設計が始まります。休む暇なんてありません。

それなのにこのブラック業界。何とかなりませんかね。

独立したら休むも自由、働くも自由です。

 

会社は手続きが多い

会社は手続きが多いです。自分がいいと思って設計しても、上司の許可がなければその建築は実現しません。

これほど悲しいことはないと思います。独立し自分個人で働けば好きな建築物が建ちます。

また大きい会社になればなるほど作業は分担的になります。設計したものの工事現場を見に行くなんてことも稀でしょう。

自分が設計したものがどのように作られてるかや、建設しづらいところや収まりが悪いところなどは現場で見ないとわからないことが多いです。これは大きい会社で働いているからこそです。

独立して最初から最後まで携わることでより深く建築についての知識が深まることでしょう。

日本の建築はつまらない

日本の建築物、とくに住宅はつまらないです。

せっかくのマイホームを建てたのに外から見たらどんな人が住んでいるのかわからない。それってマイホームの意味ありますか?

せっかくマイホームを建てたなら自分らしい、その家族らしい家を建ててほしいと思っています。

今の日本にある家は住宅供給会社が設計した画一的な住居が多いです。これではマンションやアパートに住む人と同じではないですか?

マイホームの意味があるのでしょうか?

僕が思うマイホームとは設計段階から居住者がこういう家にしたい、こういう機能が欲しい、といったことを建築士に伝え建築士はその要望にこたえる形で建築基準法に則り。建築造ったものだと思います。

建築士とは、あくまで家づくりのお手伝いでしかないのです。

孫やその子孫に「おじいちゃんはこういうことが好きでこういう外観の家に住んでるんだよ、ここはこんなことができる家なんだ」と伝えられる家を造ってほしいと思います。

だからと言って欧米の建築が面白いとは思いません。中世の街並みや石造の教会などかっこいいとは思います。

しかし、日本の住宅と同じでその街並みのこの家にはどんな趣味を持ち、どんな考えの人が住んでいるのかなんてわかりません。

それは世界共通だと思います。

好きな服を着て、好きな本を読み、好きな人と結婚するように、好きな家を造りそこに住んでほしいと思っています。

これができるのは独立した建築士だけだと思います。大きな設計会社の建築士ではなかなか難しいです。採算が取れないとか、会社のイメージが崩れるとかいろいろと自由な意匠をもった住宅を造るには壁が多いです。

マイホームは資産にはならない?

日本には「わび・さび」という言葉があります。汚いものや経年変化したものに対して悲しさや寂しさを持ちながらもその物を心から愛する精神文化です。これは日本人の美意識に深く刻まれています。

なぜこのような文化があったのでしょうか。

それは日本の建築物は木造で造られ最終的に壊れることを前提としているからです。だからこそ壊れ行くものには「わび・さび」を感じ美しいと思ってしまうのです。

家が1代で終わるのとおなじことだと思います。家主の老化と同じく家も老化していく。

そうして家主が死んだら家も取り壊す。これではマイホームは資産にはなりません。

一代で終わらないマイホームを設計し受け継いでいく。そうして初めて家は資産になります。

つまらないマイホーム論争なんて、やめて最高のデザインの家を最強の強度で造り、わび・さびなんて考えは捨て永久的な家を造ろうではありませんか。

まとめ

ここまでいろいろ建築について思うこともつらつらと書き進めてきました。私はすべての建築士は独立すべしだと思っています。

そうすることで今の建築業界のブラックさを軽減し、建築士にハッピーが訪れると思います。

建築士が豊かになれば日本の住宅などから設計のスタイルが変わり、もっと自由で個性あふれる住宅ができてくるのではないでしょうか。

独立するためにもお金が必要です。

当ブログでは22歳である私が35歳で建築士として独立するまでの軌跡を綴っています。お金の事キャリアのこと少しでも参考になれば幸いです。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!